GameTime Classics 第54弾 オリンピック出場をかけたメキシコ対プエルトリコの戦い

GameTime Classics  第54弾 オリンピック出場をかけたメキシコ対プエルトリコの戦い
17/05/2020
ソフトボール新興2国が東京2020出場をかけ激突。

メキシコとプエルトこの女子代表ソフトボールチームが昨年8月WBSC ソフトボールアメリカ大陸オリンピック予選のスーパーラウンドの初戦で対決した。この大会では上位2チームがオリンピック出場権を獲得できる。どちらにとっても勝利が大切なこの試合はブリティッシュ・コロンビアのサレーで開催。プエルトリコは1勝1敗でグループAを突破し、メキシコはグループBを無敗2勝0敗で通過した。

この試合でメキシコが勝てばオリンピックソフトボールへの出場にまた一歩近づく。プエルトリコはこの試合で勝利しなければオリンピック出場への道は絶たれる。

過去プエルトリコはメキシコを大切な局面で2度下している。1度目はバランキージャ2018中央アメリカ・カリビアンゲームズの決勝で4対2で勝利し、2度目はオリンピック予選3週間前に行われたリマ2019パンアメリカン競技大会のプレオフ1戦目でKarla Claudioが8回裏2点サヨナラ本塁打を放ち3対2で勝利した。この勝利でプエルトリコはメダルを獲得したが、メキシコは手ぶらで帰国した。

メキシコのヘッドコーチCarlos Bernaldez はDanielle O’Tooleを先発に起用し、この重大な一線でプエルトリコの先発Taran Alveloと対決させた。

この試合は5月18日(月)午前10時(日本時間)www.youtube.com/wbsc、同日午後10時www.facebook.com/wbscより配信される。

GameTime Classics視聴